ソフトバンクが中国配車最大手に出資合意 5700億円 (2/2ページ)

 ソフトバンクの中国投資をめぐっては、現在、電子商取引(EC)最大手になったアリババグループの創業時の2000年に2000万ドルを出資。現在(昨年末時点)29.9%の株式を保有している。

 一方、Tモバイルとスプリントの統合は、13年にスプリントを買収した時点からソフトバンクは検討を進めていたが、米当局が業界の寡占化に難色を示したことから見送っていた。

 しかし、トランプ米大統領が規制緩和に積極的な姿勢を示していることから、改めて当初の構想実現に踏み切る。孫正義社長は10日の決算記者会見で、スプリントの合併先について「本命はTモバイルだ。心を開いて交渉に入っていく」と強調した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。