【ニュースレビュー】5.7~13 国内 (1/2ページ)

2017.5.15 05:00


【拡大】

 ■ソニーが有機ELテレビに再参入

 ソニーは8日、次世代パネル「有機EL」を採用した「BRAVIA(ブラビア)」ブランドの高画質の4Kテレビを6月10日に発売すると発表した。以前に小型の有機ELテレビを発売したことがあるが生産をやめており、再参入となる。4K市場でシェア拡大を目指す。

 ■商工中金、不正で改善命令

 経済産業省、財務省、金融庁の3省庁は9日、国の制度融資で不正が発覚した政府系金融機関の商工中金に対し業務改善命令を出した。「危機対応融資」で、書類の改竄(かいざん)が全国規模で行われ、不正隠蔽(いんぺい)があったことを重く見た。役職員の責任明確化を含む再発防止策を求めた。

 ■三菱自17年3月期、赤字1985億円

 三菱自動車が9日発表した2017年3月期の連結最終損益は、昨年4月に公表した燃費データ不正問題の関連損失を処理し、前期の725億円の黒字から1985億円の赤字に転落した。不正によるブランドイメージの低下で国内販売が22%減と落ち込み収益を圧迫した。

 ■出光と昭和シェル、包括業務提携

 出光興産と昭和シェル石油は9日、原油の調達や精製、物流を含め包括的に業務提携することで合意した。調達など一部で既に行っている提携業務に広げ、3年以内に年間250億円以上の利益押し上げ効果を目指す。合併を待たずに両社が一体となって経営の効率化を進める。

 ■トヨタ、2年連続減益へ

 トヨタ自動車は10日、2018年3月期連結決算の売上高が前期比0.4%減の27兆5000億円、営業利益は19.8%減の1兆6000億円になるとの見通しを発表した。減収減益は5年ぶりだった17年3月期に続き2年連続。円高が進むほか、停滞する北米市場で販売促進費用がかさむ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。