富士通、AI活用し地下空洞探索 川崎地質と提携 道路陥没を未然防止

 富士通は、地質調査などを手掛ける川崎地質(東京)と提携し、人工知能(AI)を活用した地下空洞の探索に7月から乗り出す。地下空洞は福岡市のJR博多駅前など全国で相次ぐ道路陥没事故の原因となる。地中レーダー探査装置で収集した画像をAIで分析し、効率的に空洞を発見して事故の未然防止につなげる。

 国土交通省によると、下水道の老朽化などによる道路陥没事故は2015年度に約3300件発生した。地下空洞は、老朽化した構造物などに土砂が流れ込むと短期間で巨大化することもあるが、全国の道路の総延長は127万キロもあり、国や自治体の対応が追いついていないのが実情だ。

 川崎地質はこれまで、高精度レーダーを搭載した車両を走行させて地下の画像を収集し、専門技術者に目視で異常を判定させてきた。富士通のAIに下水管や異物、空洞の違いを学習させることで、画像解析の時間を約10分の1に短縮できる見込みだ。

 富士通は、AI事業を成長分野に掲げている。地下空洞の探査以外でも、コールセンターで顧客の声色から満足度を判断したり、移住希望者の要望から最適な地域を紹介したりするなどAIの活用領域を拡大している。

 川崎地質はレーダーを小型化し、自治体のパトロール車両などに搭載することで常時データを収集、分析できる空洞化監視システムの構築を進めており、海外展開も目指す。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。