【フロントランナー 地域金融】十六銀行の地方創生の取り組み(7) (1/2ページ)

2017.5.15 05:00

『つるっとしらたき』
『つるっとしらたき』【拡大】

 ■事業性評価した資金支援で商品拡充

 「増産のための体制整備も視野に入れて、さらなる商品開発に取り組んでいきます」と話すマンナン工房ひだの北野勝広社長。商談を進める中で、バイヤーの要望に合わせて細かな仕様変更に対応するケースもある。 例えば、関東の大手生活協同組合向けの商品を製造している加工食品メーカーから、「炊き込みご飯の素にマンナン工房ひだのこんにゃくを使いたいが、生協サイドが『具材はすべて国産』にこだわっている」という要望があった。実は、国内で製造されるほとんどのこんにゃくは韓国産のカジメ粉によって色付けされている。そこで北野社長は、色付けに国産のヒジキ粉を使用することでメーカーの期待に応え、見事取引を獲得した。

 進行中の商談も、将来性の高いものばかり。その筆頭が「フリーズドライ」だ。冷凍食品と同様に、これまでフリーズドライの食品にもこんにゃくは使われてこなかったが、すでに商談先の大手メーカーによって冷凍耐性こんにゃくのフリーズドライ化試験が進んでいる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。