手軽にエコ 「バイオプラ」浸透進む 企業など買い物袋や容器に採用 (1/2ページ)

2017.5.15 06:34

オリエンタルランドが東京ディズニーランドなどの商品店舗で提供している買い物袋の一例
オリエンタルランドが東京ディズニーランドなどの商品店舗で提供している買い物袋の一例【拡大】

  • バイオプラスチックを使っているイオンのビニール傘の売り場

 原料が石油ではなく、環境負荷が低い植物からできたバイオプラスチックの製品が身近になってきた。環境に配慮する企業や自治体が買い物袋や容器、ごみ袋などに採用。エコ活動に手軽に参加できると利用者からも評価されている。

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは2015年から、お土産などを入れる買い物袋にサトウキビ由来の材料を取り入れたバイオプラスチックを本格的に使っている。「環境への影響を少なくすることができると判断した」(担当者)ためだ。

 東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ホテルの店舗で提供している。絵柄の中にミッキーマウスのマークが潜んでおりファンに人気で、隠れたエコアイテムになっている。

 イオンは13年から、総合スーパーなどの食品売り場の有料レジ袋にバイオプラスチックを使っている。買い物袋の持参運動と合わせて、環境負荷を軽くする取り組みだ。収益金は自治体などを通じて環境保全活動に全額寄付している。

 一部店舗で発売しているビニール傘「トップバリュ fururi(ふるり)」のビニール生地にもバイオプラスチックが使われている。生地は簡単に張り替えられ、柄を変えて長く楽しめる。

資生堂は「スーパーマイルド」の容器にバイオプラを使用

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。