日立なども被害 世界サイバー攻撃と同じウイルス (1/2ページ)

2017.5.15 12:35

日立製作所の東原敏昭社長=12日
日立製作所の東原敏昭社長=12日【拡大】

 日立製作所は15日、サイバー攻撃を受けて社内システムに障害が発生していると明らかにした。世界各地で同時多発した大規模なサイバー攻撃と同じウイルスで、メールの送受信が困難になり、添付ファイルも開けないといった問題が起きた。国内外のどのパソコンが感染したかを調べている。

 JR東日本は15日、関東地方の支社にあるパソコン1台が同じ種類のウイルスに感染していたことを明らかにした。感染が確認されたのは12日で、原因を調べている。顧客へのサービスや鉄道運行に影響はないという。

 政府は15日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。菅義偉官房長官は記者会見で、政府の対応に関して「サイバーテロに関する懸念が発生したときから政府は緊急対応を取っている」と強調した。菅氏は日立と「同様の被害を受けたという情報が複数寄せられている」と話した。

 日立のシステムが攻撃を受けたのは先週末以降とみられる。日立は対策チームを立ち上げ、既に一部は復旧しているという。今回の大規模なサイバー攻撃では英国での被害が大きかった。日立は英国で鉄道事業を手掛けており、被害の有無を含めて詳細な確認を急いでいる。

日産も英国工場でサイバー被害

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。