【クラウドWatch】ノンプログラミングでIoT向け開発

2017.5.15 05:00

 ■東京エレクトロンデバイス、利用受付を開始

 東京エレクトロンデバイス(以下、TED)は、IoT(モノのインターネット)向けのノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」を開発したと発表した。サービス利用申し込みの受付を開始している。

 コネクソンは、システム環境やデータ処理要件に合わせ、IoTシステム構築に必要なデータ入力から出力までの一連のデータ処理プログラム(データフローアプリケーション)を、Web GUIを使い、ノンプログラミングで開発できるクラウドサービス。

 装置、PC、ゲートウェイ、クラウドなど実行環境に合わせたアプリケーションのバイナリが作成でき、ダウンロードして自社のシステムに自由にインストールができるため、より効率的で柔軟なIoTシステム開発が可能になる。

 開発に当たっては、ファイルへの出力、ファイルからの読み出し、データのフィルタリング、標準出力、データベースへのインサート、HTTPノード間転送、WebSocket通信、FFT、クラウド連携など、各種データ処理に必要となる機能コンポーネントがあらかじめ用意されており、マウス操作によってコンポーネントを接続しパラメータを設定するだけで、簡単にデータフローを作成できるという。

 また、ユーザー企業が既に持っているデータ処理プログラムを組み込んだデータフローも作成可能とした。

 TEDではアプリケーション開発企業、クラウドサービスの提供企業、システムインテグレータなどを中心に販売を進める計画で、今後3年間で5億円の販売を見込んでいる。(インプレスウオッチ)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。