【現場の風】スバル「XV」の開発責任者に聞く 海外展開を加速「HV投入も視野」 (1/2ページ)

2017.5.16 06:02


【拡大】

 □SUBARU新型「XV」の開発責任者 井上正彦さん(49)

 --スポーツ用多目的車(SUV)「XV」を約5年ぶりに全面改良し、24日に発売する

 「(乗用車ベースの)クロスオーバーSUVとして、いいとこ取りを追求した。昨年発売した小型車『インプレッサ』と同様に、衝突のエネルギー吸収力などを高めた新型プラットフォーム(車台)を採用して、安心や走りの楽しさを向上した。さらに、SUVとしては四輪駆動を最適に制御するシステムを採用し、荒れた道での走破性も伸長している。街中で運転する際の取り回しなど使い勝手に配慮しつつ、レジャーでも使えるようにした」

 --排気量2.0リットルに加え、低価格の1.6リットルモデルを追加する

 「200万円台前半の1.6リットルモデルは、(2.0リットルモデルの中心である)250万円を超える市場とは購入判断の基準が異なる。250万円を超えると、他の選択肢も出てくるが、1.6リットルの投入で『XV』を買えるという世帯が増える。若年層や降雪地帯などで、購入層を広げることができる」

ハイブリッド車を投入する計画は

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。