東芝、9500億円の最終赤字へ 17年3月末 債務超過は5400億円 (1/2ページ)

2017.5.16 06:12

東芝の綱川智社長
東芝の綱川智社長【拡大】

 経営再建中の東芝は15日、2017年3月期連結決算の最終損益が9500億円の赤字になる見通しを発表した。米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の破綻処理を踏まえ、最終赤字は過去最悪だった前期の4600億円の2倍超に膨らむ。負債が資産を上回る債務超過の額は17年3月末で5400億円になるとした。

 最終赤字は日立製作所が09年3月期に計上した7873億円を上回り、国内製造業で過去最大となる。売上高は前期比5.5%減の4兆8700億円を見込む。

 東芝は米原子力事業で監査法人と意見が対立。東京証券取引所は決算期末から45日以内の決算短信の開示を求めているが、監査法人の承認が得られず独自に試算した暫定値を示す異例の事態となった。綱川智社長は15日に記者会見し、「巨額の損失を出し、重く受け止めている」と陳謝した。

 18年3月期の業績予想は、最終損益が500億円の黒字に転換すると見込む。売上高は4兆7000億円で減少傾向が続く。

半導体事業の売却手続きではWDが売却中止を求める

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。