大手ビール4社 17年1~3月期 飲料収益改善、3社営業増益

2017.5.16 05:00

 ビール大手4社の2017年1~3月期の連結決算が、15日出そろった。ビール類の国内市場は縮小が続いているものの、清涼飲料の収益が改善されたことなどから、販促費が膨らんだサッポロホールディングス(HD)以外の3社が営業増益を確保した。

 同日決算を発表したアサヒグループHDの最終利益は前年同期比29.8%増だった。酒類の事業利益は2%増にとどまったが、炭酸や乳酸菌飲料が好調だった飲料の事業利益が約9倍となり全体を牽引(けんいん)した。

 サントリーHDとキリンHDはビール類が苦戦したものの、緑茶飲料が好調だったことやコスト削減が奏功し、飲料事業の利益率が改善された。

 サッポロHDは、主力のビール販売はプラスだったが、広告宣伝費などがかさみ、最終損益は23億円の赤字(前年同期は20億円の赤字)に悪化した。

 ■ビール大手4社の2017年1~3月期連結決算(売上高/営業損益/最終損益)

 サントリーHD   5871(▲1.3)/364(18.8)/112(▲3.5)

 キリンHD     4721(▲2.4)/368(45.4)/181(74.7)

 アサヒグループHD 3791( 9.6)/136( 5.7)/ 27(29.8)

 サッポロHD    1177( 5.7)/▲14(  - )/▲23(  - )

 ※単位は億円。カッコ内は前年同期比増減率%、▲はマイナスまたは赤字、- は比較できず。アサヒグループHDは国際会計基準、サントリーHDは非上場

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。