ビール4社が北海道で共同配送 9月から環境対応と運転者不足解消へ 

 アサヒビール、キリンビール、サントリービール、サッポロビールの4社は16日、北海道の釧路、根室地区に届ける荷物の共同配送を9月から始めると発表した。配送による二酸化炭素の排出量を減らし、長距離トラックの運転手不足に対応する狙いがある。

 道内にあるビール4社の製造・物流拠点から札幌貨物ターミナル駅(札幌市)構内の日本通運倉庫にいったん商品を集め、鉄道とトラックを使って道東にある各卸会社へ運ぶ。

 トラック1台分に満たない量の荷物が共同配送の対象となる。4社が北海道全体で運ぶ量の5~6%に相当するという。

 日通との契約料が発生するため、短期的な費用削減の効果はない。だが4社はこれから共同配送の対象地域を広げる方向で、長期的には効率化が期待できるという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。