スーパー棚卸しロボットも登場 富士通フォーラム

富士通が披露したロボット「メイティ」=16日、東京都千代田区
富士通が披露したロボット「メイティ」=16日、東京都千代田区【拡大】

 富士通は16日、技術展示会「富士通フォーラム2017」の内覧会を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開いた。

 ロボットや、あらゆるモノをインターネットでつなぐ「IoT」、人工知能(AI)など最先端の技術を活用したサービスを紹介。一般公開は18、19日。

 会場では、クリオネのような形で、身ぶり手ぶりを交えて多言語を話すコミュニケーションロボット「ロボピン」が随所に配置された。

 また、スーパーマーケットなどで棚卸しを支援するロボット「メイティ」も登場した。

 商品の陳列状況をセンサーで読み取り、欠品があれば、スマートフォンやタブレットに搭載した専用アプリの地図上に表示する。