カードローン、多重債務の温床に 貸付急増、3メガ銀で1.6兆円 (1/3ページ)

2017.5.17 06:15

3メガバンクの看板。銀行のカードローンを利用する人が増えている(ブルームバーグ)
3メガバンクの看板。銀行のカードローンを利用する人が増えている(ブルームバーグ)【拡大】

 ■自主規制の実効性疑問視も

 銀行のカードローンの貸出残高が年々増加し、多重債務の温床となる恐れが浮上している。過去には消費者金融による過剰な貸し付けで自己破産が多発し社会問題となったこともあるだけに、融資拡大を問題視する声が上がり、各行は自主規制に乗り出した。ただ日本弁護士連合会(日弁連)などは「自主規制による対応では不十分」とし、法改正などを求めている。

 高金利の“うま味”

 「カードが届いたら破棄していいので、作るだけでもお願いできませんか」

 大手行の40代女性行員は窓口客にカードローン契約をお願いすることがある。ノルマではないが契約目標があり、上司からも薦めるよう言われている。“うま味”が大きいからだ。

 日銀のマイナス金利政策で住宅ローンなどの金利で稼げない中、カードローンは高金利が見込め、多くの銀行が事業強化している。

 実際、国内銀行の2016年12月のカードローン貸出残高は5兆4377億円で、5年で約1.7倍に急増。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の今年3月末の残高は計約1兆6000億円にも上った。

一部で過剰な貸し出し、政府はエスカレート危惧

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。