【Jトラスト インドネシア戦略】(3)普通口座増で調達コスト減 (2/3ページ)

2017.5.17 05:00

BJI支店でATMを操作するビジネスマン。新たなコアバンキングの稼働でATM機能が高まり利便性が向上する
BJI支店でATMを操作するビジネスマン。新たなコアバンキングの稼働でATM機能が高まり利便性が向上する【拡大】

  • 6.5%金利で口座開設を呼びかけるBJIの社有車=ジョグジャカルタ

 「6.5%キャンペーン実施中」。同支店に止めてあった社有車の後部ガラスにこんなステッカーが貼られていた。通常の普通預金金利が3~4%に対し当初3カ月間は6.5%という高金利で口座開設を誘う。

 ◆高金利キャンペーン

 こうした小口・低金利の預金を集めるリテールマーケティング活動の一環として全店舗一斉に毎月1回、「GO CAR」運動を展開している。人が集まるショッピングモールやイベント会場などに行員が出向いて高金利をアピールしている。

 大口・高金利(約8%)の定期預金から小口・低金利の普通預金への流れをつくることで2016年には調達コストが7.7%と前年比で2.2ポイント超削減した。ネットバンキングが始まる17年はさらに引き下げて6.6%を目指す。

 ジャカルタ郊外にあるクラパガディン支店のアナ・フランシスカ支店長は「調達コストを下げるため定期より普通預金を集める。顧客は50歳以上がほとんどだが、キャンペーン金利を生かして30~50歳を増やす。そのためのマーケティング担当者がほしい」と語った。

 ◆顧客開拓の鈍さ指摘

 一方で、キャンペーン活動を通じて課題も見えてきた。各店舗を回ってリテールの重要性を説いたリオ氏は「営業担当者は付き合いの長い既存顧客の預金獲得に躍起だが、リテールマーケティングになじみがなく新たな顧客開拓に自信を持っていない」と指摘する。Jトラスト常務の浅野樹美氏は「(定期から普通預金へと)入れ替えの最中なのに現場の動きは鈍い」と厳しい。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。