AIIBへ参加、同友会、経団連トップ「前向き検討を」

2017.5.17 05:45

記者会見する経済同友会の小林喜光代表幹事=16日午後、東京都千代田区
記者会見する経済同友会の小林喜光代表幹事=16日午後、東京都千代田区【拡大】

 経済同友会の小林喜光代表幹事は16日の記者会見で、中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本の参加を前向きに検討すべきだとの認識を示した。経団連の榊原定征会長も同日の民放番組で「(アジアの)インフラ需要を満たすためにも有効な金融機能だと思う」と述べ、日本政府の積極的な対応を求めた。

 日本はアジア開発銀行(ADB)を主導しているが、小林氏は「AIIBがアジア各国に強引な姿勢を取らなければ、共に栄えるという意味で前向きに対応するのは自然だ」と述べた。高度な技術が要求されるインフラ事業にADBが融資し、基礎的なインフラ融資をAIIBが担うことは可能だとした。

 また、小林氏はAIIBにはコンプライアンス(法令順守)の弱さや、融資ノウハウに乏しい部分もあると指摘した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。