日本初!自転車まちづくり博『BICYCLE CITY EXPO 2017』開催 自転車を利活用したまちづくりの未来を体感

2017.5.17 10:02

自転車未来都市の創造
自転車未来都市の創造【拡大】

  • アマノ株式会社
  • 案内図
  • 株式会社ドコモ・バイクシェア

BICYCLE CITY EXPO 2017実行委員会(住友不動産ベルサール株式会社、株式会社ライジング出版)は、「自転車を利活用したまちづくりの推進」、「自転車を取り入れた新たなライフスタイルの提案」をコンセプトにした日本初・最大規模の展示会「BICYCLE CITY EXPO 2017」(後援:国土交通省・新宿区 他)を2017年9月8日(金)、9日(土)の2日間、ベルサール高田馬場(東京都新宿区)で開催いたします。

■自転車を利活用したまちづくりの未来を体感
「BICYCLE CITY EXPO 2017」は、行政、民間等総勢70社以上が出展する、自転車を利活用したまちづくりをコンセプトとした日本では初めての試みとなる展示会です。
健康的な環境未来都市の創造において重要なポジションを占めるであろう自転車業界。今までにないまちづくりの視点で、自転車を取り巻く多様な業種が参加することによってその進むべき方向性を大胆に提示・提案します。

■展示内容
(1) 自転車の次世代を支える設備・システム
◎セキュリティ、省スペース、美観を兼ね備えた立体機械式駐輪場
◎ICカード対応など最新IT機能を採用した駐輪機
◎駅前など大型駐輪場に最適なゲート式駐輪場
◎ナビやIT技術を駆使した、誰でも使えて乗り降り自由な新時代の交通システムであるシェアサイクル
◎自転車走行路の新システム

(2) 自転車を取りまくライフスタイル・観光・アクティビティ
◎観光地、ツーリングスポットの紹介
◎スポーツサイクル、自転車競技の活性化
◎シティ・スポーツバイク、電動アシスト自転車など多様化する自転車、自転車用品の展示・試乗会
◎屋外自転車走行の安全対策
◎健康医学と自転車

■出展内容(一例)
◎アマノ株式会社
https://www.atpress.ne.jp/releases/128219/img_128219_2.jpg
最新駐輪機器、ゲート式駐輪機

◎株式会社ドコモ・バイクシェア
https://www.atpress.ne.jp/releases/128219/img_128219_4.jpg
都内を中心に展開中のシェアサイクル

◎東海技研株式会社
https://www.atpress.ne.jp/releases/128219/img_128219_7.jpg
先進的でスタイリッシュ、機能的なゲート式駐輪システム「サイクルン」、シェアサイクルシステム

◎株式会社プロト(Benelli)
https://www.atpress.ne.jp/releases/128219/img_128219_5.jpg
イタリアブランドの電動アシスト自転車「Benelli(ベネリ)」

■2020年に向け、求められる新しい自転車の利活用推進社会
世界的スポーツの祭典において、ロンドンでは、シェアサイクルを活用することでスムーズな観客の移動を可能にしました。持続可能性が重要視されたリオでは、自転車走行空間の拡充や乗り入れ自由のコミュニティサイクルの増設を行いました。交通手段・環境・経済活動を包括したまちづくりの推進に自転車は大きな可能性を含んでいます。
3年後、多くの人が行き交う大都市東京でもスマートシティ化の一環として、自転車の利活用が求められています

■海外の取組
自転車政策を重視している都市は欧米を中心として加速度的に増えています。クルマ偏重を脱し、自転車を取り入れた交通システムを高度化、再構築していくことは世界の主要都市が取り組んでいる重要テーマのひとつです。人口の倍近い自転車を保有し、機能的・魅力的な駐輪場が整備されている自転車首都と呼ばれるドイツのミュンスター市、コンパクトシティで知られるアメリカのポートランド市、観光を結びつけた自転車政策を実施しているスイスの取り組みなど、自転車の利活用は欧米を中心に定着しはじめています。

■国・東京都の取組事例 <参考>
3年後に向け、東京都では2016年2月から、区境を越えて相互乗入ができる自転車シェアリング「広域相互利用」を実施しています。現在では、千代田区・中央区・港区・江東区・新宿区・文京区の6つの区内、合わせて約215か所のサイクルポートのどこでも自転車の貸出・返却が可能です。こうした取り組みを通して、自転車を取り入れたライフスタイルの提案を行っています。また、国土交通省が2015年2月に発表した「交通政策基本計画」では、コンパクトシティ施策と連携した交通ネットワークとして2020年度までに100自治体でコミュニティサイクル導入を目指しており、2016年10月時点で、導入している都市は87都市、今後導入を検討している都市は41都市と、今後も都市交通機能としての『自転車』への期待は高まっています。

<コミュニティサイクル実施状況>
https://www.atpress.ne.jp/releases/128219/img_128219_8.jpg
※2016年10月1日時点
※アンケート回答自治体のうち、本格導入を図示
(出典:国土交通省資料より)

■「BICYCLE CITY EXPO 2017」 全体概要
名称  : BICYCLE CITY EXPO 2017 ~自転車まちづくり博~
日時  : 2017年9月8日(金) 10:00~18:00
         9月9日(土) 10:00~17:00
主催  : BICYCLE CITY EXPO 2017実行委員会
      (住友不動産ベルサール株式会社、株式会社ライジング出版)
後援  : 国土交通省、新宿区、一般社団法人自転車協会、
      一般財団法人自転車産業振興協会、
      一般財団法人日本自転車普及協会、
      一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟、
      公益財団法人自転車駐車場整備センター、
      一般社団法人自転車駐車場工業会、
      NPO法人自転車活用推進研究会、東京都自転車商協同組合
協力  : 警視庁交通部
来場見込: 2日間計10,000人
      (駐輪場・自転車関連業者、自治体関係者、デベロッパー、建設、
      鉄道、情報通信業界、一般利用者他のご来場を
      お待ちしております)
会場  : ベルサール高田馬場 B2階ホール
入場料 : 無料
公式URL : http://www.bellesalle.co.jp/event/bicyclecityexpo2017

■会場案内図
https://www.atpress.ne.jp/releases/128219/img_128219_3.jpg

<所在地>
東京都新宿区大久保3-8-2
住友不動産新宿ガーデンタワー

<交通アクセス>
西武新宿線・JR線「高田馬場駅」戸山口より徒歩5分
東西線「高田馬場駅」5番出口より徒歩6分
副都心線「西早稲田駅」2番出口より徒歩7分

<本イベントのお問合せ先>
BICYCLE CITY EXPO 2017事務局(株式会社ライジング出版内)
TEL : 03-5276-3075・3076
FAX : 03-5276-3088
MAIL: bicyclecity.expo@rising-publish.co.jp

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。