フォード1400人削減へ 北米とアジアで退職募集

2017.5.18 07:56

米ミシガン州ディアボーンにあるフォードの本社ビル(撮影:大竹信生)
米ミシガン州ディアボーンにあるフォードの本社ビル(撮影:大竹信生)【拡大】

 米自動車大手フォード・モーターは17日、北米とアジアのホワイトカラー従業員を対象に希望退職を募り、9月末までに10%程度に当たる計1400人を削減すると明らかにした。6月上旬に従業員に詳細を通知する。

 フォードの株主は、マーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)が2014年に就任してからの株価低迷を問題視しており、人員圧縮で利益を上積みし、株価押し上げを狙う。

 工場の従業員は削減計画の対象外だが、製造業の雇用を重視するトランプ米政権からの風当たりが強まる可能性もある。

 米メディアによると、フォードは北米とアジアに約1万5000人のホワイトカラーを抱える。目標の1400人のうち約3分の2を北米で、残りをアジアで減らす。商品開発や自動車ローンを手掛ける部門の人員は含まない。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。