ホンダ、燃料電池車のタクシー運用を6月末に開始へ 帝都など4社協力

ホンダの燃料電池車「クラリティフューエルセル」
ホンダの燃料電池車「クラリティフューエルセル」【拡大】

 ホンダは18日、燃料電池自動車(FCV)の本格普及に向け、「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を6月末をめどに開始すると発表した。帝都自動車交通(東京都中央区)など4社が協力する。

 FCVの運用に協力するのは帝都のほか、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)。

 ホンダはタクシー運用を通じて得る走行データなどの情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組むとしている。

 クラリティ フューエルセルは750キロの航続距離を誇る5人乗りのFCV。1回あたりの水素充填時間は3分程度で、ガソリン車と変わらない使い勝手が好評だという。(SankeiBiz)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。