必要な申請書を画面に提示 大日本印刷、自治体向けにシステム開発

2017.5.19 05:00

 大日本印刷は、自治体に転居や結婚などを申請する手続きを簡便にするシステムを開発した。利用者がたくさんある申請書類の中から該当するものを探し出す手間を省き、役所の事務負担も軽くする狙いだ。自治体向けに今秋発売する。

 大日本印刷によると、結婚、出産など7つのライフイベントに関する自治体の申請書類は計約150種類。

 書く内容は同じでも自治体によって書式が微妙に異なる。利用者側には「役所の申請は分かりにくく面倒だ」という不満が強い。

 新しいシステムは、申請者が役所の端末や自宅のパソコンなどを使って共通質問に回答すると、必要な申請書類が画面上に提示される。自宅で印刷した記入済みの用紙を役所に提出することも可能だ。

 同社担当者は「大規模なシステム改修費用は必要ない。役所の業務の効率化にもなる」と話している。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。