ルネサス株を25%売却 革新機構とNEC、日立、三菱電機

2017.5.19 07:17

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは18日、発行済み株式のうち最大で25%に当たる4億2243万2900株を筆頭株主で官民ファンドの産業革新機構などが市場に売り出すと発表した。自立経営の度合いを高め、海外展開を柔軟に進めたい考えだ。

 機構は2割近い株式を手放すことになる。保有割合は現在の69・15%から50・1%に下がる見通しで、過半数は維持するという。ほかにNECと日立製作所、三菱電機も保有株の一部を手放す。売り出し価格は6月12日以降に決定。22日に売却が完了する予定。

 ルネサスはリストラが一段落し、成長が見込める自動車分野を伸ばすため米半導体企業を買収するなど攻勢に転じている。呉文精社長は、特定企業の傘下に入らず、独立路線で世界に挑む考えを示してきた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。