宝塚ホテル移転計画発表 20年開業へ

2017.5.19 05:00

 阪急電鉄と阪急阪神ホテルズは18日、1926年に開業し宝塚歌劇のオフィシャルホテルとしてファンに愛されてきた宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)の移転計画を発表した。特徴的な三角の切り妻屋根などモダンな外観や内装は継承し、宝塚大劇場の西側隣接地に新設する。2020年春の開業を目指す。新ホテルは地上5階、地下1階で、延べ床面積は約2万3000平方メートル。客室は現在の129から約200に増やす。劇場との距離は現在より近く、阪急とJRの宝塚駅が最寄り駅となる。

 宝塚ホテルは建築家の古塚正治が設計し、赤い三角屋根や壁面のレリーフなどが特徴。長く観劇客らに親しまれてきたが、老朽化や耐震基準を満たしていないことから取り壊す。新ホテルの開業まで営業は続ける。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。