4月、首都圏マンション発売38.6%増

2017.5.19 05:00

 不動産経済研究所が18日発表した首都圏(1都3県)の4月のマンション発売戸数は前年同月比38.6%増の2741戸で、3カ月連続で前年実績を上回った。担当者は「東京都心で大型物件の発売があった」と話した。1戸当たりの価格は5918万円。4月発売のうち月末までに売れた割合を示す契約率は66.3%で、好調の目安となる70%を4カ月連続で割り込んだ。

 近畿2府4県の4月のマンション発売戸数は、前年同月比5.4%増の1391戸と、3カ月ぶりに前年実績を上回った。大阪市中心部の大型タワーマンションや、大阪府内のファミリー向け物件の供給が多かったことが寄与した。契約率は8.2ポイント上昇の78.2%。ファミリー層を中心に手頃な価格の郊外物件の人気が高かった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。