新規不動産融資が最大に 1~3月期に 全体の3割弱

2017.5.19 07:12

 日銀は18日、金融機関が平成29年1~3月期に、不動産業へ新たに貸し出した設備資金が、前年同期比1・7%増の4兆4858億円となり、四半期ベースで過去最大となったと発表した。全体の新規貸出額のうち、3割弱を不動産向けが占めた。

 日銀の大規模な金融緩和やマイナス金利政策による低金利を背景に、アパートやマンション建設への融資が伸びた。不動産投資信託(REIT)にも資金が向かった。金融機関別では銀行が0・7%増の3兆7702億円、信用金庫が7・4%増の7156億円。それぞれ過去最高となった。

 日銀は3月、取引金融機関に対する29年度の考査(立ち入り調査)で、不動産向け融資について、リスク管理体制を重点的に調査する方針を発表。一部の金融機関で不動産への融資割合が高く、審査が甘くなりがちになっている点を指摘するなど、バブル懸念が高まっている。日銀が都市銀行や地方銀行など国内の139銀行と264の信用金庫を調査した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。