トヨタやJXTGなど11社 年内に水素ステーション整備で新会社 五輪にらみ普及へ (1/2ページ)

JXTGエネルギーが運営する横浜綱島水素ステーション=横浜市港北区
JXTGエネルギーが運営する横浜綱島水素ステーション=横浜市港北区【拡大】

 トヨタ自動車やJXTGエネルギーなど11社は19日、燃料電池車(FCV)の燃料となる水素を充填(じゅうてん)する水素ステーションの本格整備を目的とした新会社を年内に設立することを目指すと発表した。

 ステーション数を2020年度までに160カ所程度に拡充するとした政府目標を踏まえ、自動車各社やエネルギー業界などが一丸となって「水素社会」実現への機運を高める狙いがある。

 新会社設立の検討に向けた覚書を締結したのは、トヨタ▽日産自動車▽ホンダ▽JXTGエネルギー▽出光興産▽岩谷産業▽東京ガス▽東邦ガス▽日本エア・リキード▽豊田通商▽日本政策投資銀行-の11社。資本金の規模や出資比率は今後詰める。

 国内のステーション数は現在、約90カ所に留まる。ステーション1カ所当たりの整備費用が4億~6億円と高コストなのに加え、都内でステーションを運営する関係者が「1日数台しかこない日もある」と打ち明けるように、費用対効果の面でも課題が残る。

東京五輪でFCVの活用にも期待

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。