アイル、eコマース出展企業への支援強化 バックヤード業務を効率・自動化

アイルの「バックヤードフェス」。新コンテンツ提供によりバックヤードの支援態勢を一段と強化する
アイルの「バックヤードフェス」。新コンテンツ提供によりバックヤードの支援態勢を一段と強化する【拡大】

 実店舗とネットショップの統合管理を手掛けるアイルは、電子商取引(eコマース)サイトに出展する企業への支援態勢を強化する。具体的には受注処理や出荷指示といった裏方の仕事である「バックヤード」に携わる人たちに焦点を当てた、サイト用コンテンツを公開。今後月に1、2社のペースで紹介企業を増やし、バックヤード業務のレベル向上につなげていく。

 eコマース分野では、多くの企業が、楽天市場やアマゾンなど複数のインターネットショップに出店している。ショップごとに業務処理を行うのは負担が大きいため、アイルでは複数のショップを管理するサービス「クロスモール」を提供。約1000社に対し、バックヤード業務の効率化や自動化を支援している。

 ただ、バックヤードに従事するスタッフは社内にいることが多く、他社がどういった形で業務を進めているのか十分に認識できていないのが実情だ。このため「他社の創意工夫の事例などを把握できるようになればバックヤードが活性化し、通販事業のさらなる発展につながる」(山本浩孝取締役)という考えから情報発信を開始した。

 メディア名は「B.Y」で取材インタビューの動画や読み物で構成。「現場をなるべく近く感じられるような内容にした」(山本取締役)。

 マニュアル化した顧客対応ではなく、おもてなしを重視した地ビールメーカー、ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)の取り組みなど5社を紹介しており、順次増やしていく計画だ。

 アイルはインターネット以外でもバックヤード業務の支援に力を入れている。その一つが「バックヤードフェス」。会場を借りて現実の店舗を出展するなどのイベントで、年に1回のペースで実行する計画だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。