【ビジネスのつぼ】光英科学研究所「乳酸菌生産物質」 (1/4ページ)

2017.5.29 05:00

「毎日コンスタントに続けることが大事です」と話す光英科学研究所の村田公英社長。8歳の頃から乳酸菌生産物質を約70年飲み続けているという培養中の乳酸菌。周囲にはCDによる尺八の音色が流れる
「毎日コンスタントに続けることが大事です」と話す光英科学研究所の村田公英社長。8歳の頃から乳酸菌生産物質を約70年飲み続けているという培養中の乳酸菌。周囲にはCDによる尺八の音色が流れる【拡大】

  • 光英科学研究所の自社工場内は機材が磨き抜かれチリ一つ無いほど清潔だ=埼玉県和光市
  • サプリメントメーカーに原料を供給。奥の写真は本社工場
  • 培養中の乳酸菌。周囲にはCDによる尺八の音色が流れる

 ■独自培養し代謝物を商品化、原材料提供も

 乳酸菌がブームだ。今年に入り大手食品メーカーが相次いで乳酸菌を配合した商品を発売している。ふりかけにカップラーメン、納豆などバラエティーも豊かで市場は広がっているが、「みなさん乳酸菌の働きについて大きな誤解をしている」と訴える人がいる。およそ約半世紀の間、乳酸菌生産物質の研究に携わってきた光英科学研究所社長の村田公英さんだ。

 ◆腸内フローラの真実

 ヒトの腸内には生まれつき無数の細菌が棲んでいる。その数は400種以上・約100兆個とも言われ、花畑(フローラ)のように群生しているところから「腸内フローラ」と呼ばれている。

 同社は1969年4月の設立以来、この腸内フローラがつくる乳酸菌群の研究を続けてきた。村田さんは「乳酸菌そのものではなく、乳酸菌群が発酵して産み出す物質が、病原菌やウイルスなどから体を守るなどの効果をもたらす。乳酸菌入りをうたった新製品がいろいろ出ているが、乳酸菌単体ではなく、多種類の乳酸菌から出る代謝物をまるごと摂(と)らないと効果がない」と話す。

 腸内フローラはヒトが健康なうちは体内で有用物質を創り出しているが、病気や加齢、ストレスなどの負荷がかかると自前で創り出す量が減ってくる。ヨーグルトや乳酸菌飲料で補おうとしても、胃液や胆汁などに阻まれて食べたり飲んだりした乳酸菌のすべてが腸内に届くわけではないし、届いたとしても生まれたときから腸内にいる常在菌が定着を拒むことが多いという。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。