史上最大級の大きさ実現 ガシャポン「ザク」が20万個以上売れている秘密 (3/7ページ)

2017.6.4 13:10

バンダイのガシャポン「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」が売れている(C)創通・サンライズ
バンダイのガシャポン「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」が売れている(C)創通・サンライズ【拡大】

  • 自販機からはこのような形で出てくる(C)創通・サンライズ
  • 組み立てると、このような形になる(C)創通・サンライズ
  • 完成時のサイズだけでなく、仕掛けを加えた(C)創通・サンライズ
  • 作り方の手順(C)創通・サンライズ
  • シェルを外すと、このような部品が入っている(C)創通・サンライズ
  • バンダイの本社から東京スカイツリーを眺めることができる(C)創通・サンライズ

 ザクの場合、何を考えたのか。「大きなサイズのモノを出せば、消費者は驚いてくれるのではないか」と考えました。でも、ガシャポンなのでサイズには限界があります。通常はカプセルの中に入れなければいけないのですが、カプセルよりも大きなモノをどのようにすれば出すことができるのか、といったところからスタートしました。

土肥: カプセルよりも大きなモノをつくるって、足し算・引き算の発想で考えると、実現不可能ですよね。その不可能をどのようにして可能にしたのでしょうか?

大きさだけでは満足させられない

松原: まず、頭の中で「こんな形はどうかなあ」「こんな風にすればいけるかなあ」と考えました。次に、試作品をつくりました。なぜ試作品をつくるかというと、実際につくってみないと球状の中に部品が入るかどうかが分からないから。

土肥: 設計の段階ではよく分からないので、実際につくってみると。

松原: はい。でもザクの場合、なかなかうまくいきませんでした。中に入れなければいけないパーツがどうしても入らなくて、はみ出てしまうんですよね。パーツが邪魔になるので、ある部品を右に移動させると、違う部品が邪魔になったり。そうした作業を繰り返したところ、ある日「これでいける!」と感じて、再び試作品をつくりました。でも、ダメ。中にパーツが入らなかったんです。

 通常であれば、原型をつくって修正を加えて、終了--。といった流れが多いのですが、ザクの場合は、最初からつくり直す作業が発生しました。部品の形状を変えたり、削ったり、向きを変えたり。2度目の試作品で完成すると思ったのですが、それでも中にパーツが入らなくて。

土肥: バンダイのガシャポンは月に30~40アイテム出ると聞きました。松原さんはザクの開発だけをしているわけではないですよね。それなのに開発に時間がかかったら、周囲から厳しい目があったのではないでしょうか? 通勤途中に「あの部品を前にもってきて、次にあの部品をちょっと曲げて……」といったことばかり考えていたとか。

どのようなギミックを搭載すれば、ファンに「新しい」と感じてもらえるのか

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。