日産と三菱自、豪州で物流協力 グループで部品輸送コスト削減

 日産自動車と三菱自動車は5日、オーストラリアでの補修部品などの倉庫管理や物流事業で協力していくと発表した。資本業務提携の一環で、日産は傘下に収めた三菱自動車と事業を共有化することで、グループ全体での輸送費を減らす。両社は今後も開発から生産、物流と幅広い分野で提携を強化し、競争力を高めたい考えだ。

 両社の現地販売会社の「豪州日産自動車」と「ミツビシ・モーターズ・オーストラリア」が、南東部メルボルン郊外で敷地3万6000平方メートル以上の物流施設を今年末にも新設する。主に両社のオーストラリア国内の販売店へ補修部品を供給する。海外から輸入した両社の部品を物流施設で管理し、注文に応じてそれぞれの販売店に輸送する。

 両社は、オーストラリアなど海外3カ国で協力して販売金融事業を営むことも発表した。三菱自動車が販売する車のローンや保険などを現地の日産子会社が開発し、販売店や個人客に提供する。

 オーストラリアとニュージーランドでは6月、カナダでは7月から個人向けに始める。三菱自動車は販売金融に強い日産のサービスを活用することで、主力のスポーツタイプ多目的車の売り上げを伸ばす狙いだ。

 両社は東南アジアなど他市場での金融サービスの展開も検討しているという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。