AIで作物を見守ります! 自動車部品会社が農家を支援 独ボッシュが日本で 

2017.6.8 14:08

ハウス内の温度などを計測するセンサーと通信機=8日、東京都渋谷区
ハウス内の温度などを計測するセンサーと通信機=8日、東京都渋谷区【拡大】

 ドイツの自動車部品大手ボッシュは8日、人工知能(AI)を使いハウス栽培の野菜や果物の病害を予測するシステムの受注を日本で開始したと発表した。トマトのハウス栽培を手掛ける農家向けにAIを活用した病害予測サービス「プランテクト」の提供を8月から始める。

 病害発生に影響を及ぼす温度や湿度、日射量などをセンサーで測り、各種情報をAIで解析。病害被害を予測し、農薬を使う最適な時期を通知。農家は感染前に農薬で対策がとれる。予測の精度は92%を誇るという。

 トマトのほか、病害予測については今後、イチゴやキュウリなどにも拡大する予定だ。

 初期費用は無料だが、システムの使用料金が毎月かかる。

 ボッシュはまた、インターネットにつないで、さまざまなサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」のソフトを自動で更新するサービスを平成31年から日本市場で提供することも発表した。

 自動運転のソフトを無線で追加、更新できる機能などを国内自動車メーカーに売り込む。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。