キヤノンMJ、IoT活用の介護支援参入

2017.6.9 05:00

 キヤノンマーケティングジャパン(MJ)とベンチャーの「Z-Works(ジーワークス)」(東京)は8日、モノのインターネット(IoT)を活用した介護支援事業に参入したと発表した。施設の高齢者を遠隔で見守るシステムを全国展開していく。

 両社が開発したのは「居室見守り介護支援システム」で、複数のセンサーを使い高齢者の心拍数や呼吸、挙動などを把握。転倒など危険な動きを検知すると、ネットを通じ介護スタッフのスマホへ通知し素早い対応を促す。

 システムは、介護事業会社「SOMPOケアネクスト」が運営する全国115施設に導入される予定。

 キヤノンMJはジーワークスとの資本業務提携に伴って、社内に介護支援専門部門を発足させ介護支援事業に本格的に乗り出す。2020年の年間売上高の目標は約20億円。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。