東芝、エネファームの販売終了

2017.6.15 05:00

 東芝は14日、都市ガスを利用して電気とお湯をつくる家庭用燃料電池「エネファーム」の製造と販売を7月末に終了すると発表した。事業の採算が悪化しているため撤退する。既に販売したエネファームのメンテナンスは今後も継続する。東芝は2009年にエネファームを発売した。14年度には、売上高がピークの210億円だったが、15年度には営業損益が赤字に転落。16年度も赤字の見込みという。製品の小型化や開発コスト削減といった他社との競争で、収益力が低下したとみられる。

 エネファームは、東芝やパナソニックのほか、アイシン精機が製造し、東京ガスや大阪ガスなどの都市ガス会社が、家庭や住宅メーカーに販売している。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。