BMW、地元の規制に即反発 ミュンヘン、ディーゼル車禁止検討 (1/2ページ)

2017.6.16 05:55

ミュンヘン市内を走る自動車。ディーゼル車の乗り入れが禁止されれば自動車業界には痛手となる(ブルームバーグ)
ミュンヘン市内を走る自動車。ディーゼル車の乗り入れが禁止されれば自動車業界には痛手となる(ブルームバーグ)【拡大】

 ドイツ・ミュンヘン市は14日、ディーゼル車の市内への乗り入れを禁止する検討に着手したと明らかにした。政府の調査で窒素酸化物(NOx)による過度の大気汚染が明らかになったためだ。同市に本社を置く自動車大手BMWは同日、乗り入れ禁止への反対を表明した。欧州ではすでにパリやロンドンなど複数の自治体が同様の検討を進めている。

 ミュンヘン市が検討中の規制は年内にまとまる可能性があり、2015年9月に導入された「ユーロ6」排ガス規制を満たすディーゼル車のほか、交通機関とタクシーは対象外とする方向という。これに対し、BMWは14日、「相乗りや電動への優遇措置の方が、より効果的かつ賢明な公害対策だ」と主張し、ディーゼル車の乗り入れ禁止に反対を表明した。同社は5月、ディーゼル車なしで、自動車各社が欧州連合(EU)の20年までの二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を達成することは不可能だと警告していた。

 燃費が良いというディーゼル車のイメージは、独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題や有害物質の調査が相次いだことで悪化している。

高級車ブランドにとって、ディーゼル離れは痛手

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。