IOC、米インテルと契約へ最終調整 五輪の最高位スポンサー

2017.6.19 23:13

 国際オリンピック委員会(IOC)が最高位のスポンサー制度「TOPプログラム」の協賛社として、新たに米半導体大手インテルと契約する方向で最終調整に入っていることが19日、複数の関係者への取材で分かった。期間など細部を詰めた上で近く公表される見通し。

 IOCは16日にTOPの協賛社だった米ファストフード大手マクドナルドとの契約終了を発表したばかり。2020年東京五輪まで3年の契約を残していたが、異例の撤退となり、関係機関に波紋が広がっていた。

 五輪マークの使用など独占的な商業活動が認められるTOPスポンサーは1業種1社が原則。TOPスポンサーにはパナソニック、ブリヂストン、トヨタ自動車の日本企業3社が含まれている。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。