シャープのツイッター、遊び心で意外な効果 「さすが」のつぶやき、一気に拡散 (1/2ページ)

2017.6.24 06:06

シャープ本社=20日午前、堺市堺区(彦野公太朗撮影)
シャープ本社=20日午前、堺市堺区(彦野公太朗撮影)【拡大】

 「2.69カ月分でした」-。11日、経営再建中のシャープ公式ツイッターで「中の人」がつぶやいた。戴正呉社長は社員の年間賞与を給与1~8カ月の成果配分にすると表明していた。一社員のリアルな声にフォロワーからは「生々しい」「ツイッターでの功績が評価されていない」などのコメントが寄せられた。

 「中の人」と呼ばれる企業ツイッターのアカウント担当者たち。「公式」という堅いイメージからは想像できない遊び心たっぷりのつぶやきで、商品ユーザーを超えたファンを獲得する例や、担当者同士の交流から新製品の企画へつながるなど、従来の単なる広報ツールの役割からはみ出し、意外な効果をもたらしている。

 鴻海(ホンハイ)精密工業など他社傘下での再建が決まった昨年2月。シャープの「中の人」こと山本隆博さんは「なんて日だ!」とつぶやいた。「さすがシャープさん」-。自社の経営問題にあえて踏み込んだ発言はネット上で一気に拡散した。山本さんは「一方的に発信する広報資料と違い、双方向のツイッターで知らないふりをすればボコボコにされる」と話す。

 「上司のはんこがそろうのを待って発信、では意味がないので基本的に自由にさせてもらうことを前提に引き受けた」-。

 公式アカウント「シャープさん」を2011年から1人で担ってきた山本さんはこう明かす。「批判・炎上を恐れず勇気を持った」投稿の継続などで、3月には大阪広告協会から佐治敬三賞を受けた。

「間違ってほしくないのは…」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。