タカタ破綻 リコール費用回収「困難」トヨタは5700億円

2017.6.26 12:38

タカタの本社が入るビル=26日午前、東京都品川区
タカタの本社が入るビル=26日午前、東京都品川区【拡大】

  • 非正規ルートからとみられる欠陥エアバッグが搭載されていた車(AP)

 タカタの民事再生法の適用申請を受け、取引先のホンダなど自動車メーカー各社は26日、欠陥エアバッグのリコール(無料の回収・修理)で立て替えている費用の回収が「困難」とのコメントを出した。

 トヨタ自動車は、リコール費用が5700億円に上ると発表。リコールを届け出たトヨタ製の車両を対象に、今後発生する可能性がある費用も含めており「取り立て不能または取り立て遅延の恐れが生じた」とした。

 タカタの最大の顧客であるホンダは「大部分が回収困難となることが見込まれる」と説明。日産自動車も「大部分が取り立て不能となることが見込まれる」とコメントした。

 各社は、リコール費用に関する引当金を計上しているため、業績への影響は限定的との見方を示している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。