22周年…消えゆくPHS 5GやIoTの裏方として活路

乾電池で利用できる黄色の試作機から現在も販売されているハート型の端末まで、PHSは多種多様だった
乾電池で利用できる黄色の試作機から現在も販売されているハート型の端末まで、PHSは多種多様だった【拡大】

 日本発の簡易型携帯電話サービスとして若者を中心に人気を集めたPHSが、7月1日でサービス開始から22周年を迎える。ソフトバンクが新規受け付けを終了する来年3月末から数年のうちには、一般の通話機器としては完全に姿を消すことになる。ただ、モノのインターネット(IoT)機器としての活用や第5世代(5G)移動通信方式の基地局への応用など、PHSで培われた技術は今後も生き続けることになりそうだ。(大坪玲央)

 「携帯電話がサービスを後追いしてくれたときは時代に合っていたんだなと感じた」。平成6年からPHSの端末開発に携わったソフトバンクの須永康弘エナジー事業推進本部事業開発課長はこう振り返る。

 PHSは、携帯電話が3分数百円の時代に3分40円程度の低料金だったため、当初は携帯電話に匹敵する勢いで普及した。電池が長持ちしたのも長所だった。須永氏は「携帯電話は(飛行機の)ビジネスクラス、PHSはエコノミークラスだった」と語る。

 サービスや端末の先進性も人気を呼んだ。ポケットベルがまだ流行していた9年に、1通10円で送信できるメッセージサービスを開始。10年末には、画像や天気予報などの情報を楽しめるサービスも始めた。PHSの通信速度が、携帯電話より速かったことがこうしたサービスを生んだ。

 17年には米アップルのiPhone(アイフォーン)の国内発売より3年も前に、スマートフォンを市場に投入した。

 ただ、PHSは想像以上に早くピークを迎えた。サービス開始からわずか2年後には700万件に達したが、その後は22年に3300万件と予測した郵政省(現総務省)の期待もむなしく減少を続けた。

 一般向けの端末としては既に終了が見えているPHSだが、今後も“裏方”として活用される。携帯電話に比べて電波の出力が弱いことから、小型の基地局を多数配置する必要があるというPHSの基盤技術は、32年以降のサービス開始を予定している5Gの基地局でも役に立つという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。