ホンダと日立が新会社設立 EV用モーター開発・生産

ホンダが「CESアジア」に出展したEVのコンセプト車「ニューヴィー」=6月7日、中国・上海(会田聡撮影)
ホンダが「CESアジア」に出展したEVのコンセプト車「ニューヴィー」=6月7日、中国・上海(会田聡撮影)【拡大】

 ホンダと日立製作所の子会社、日立オートモティブシステムズは3日、電気自動車(EV)など電動車両向けの駆動モーターを開発・生産する新会社を共同出資で設立したと発表した。2019年度中に国内で、20年度中に米国と中国の生産拠点で量産を開始する。駆動モーターの自社生産にこだわるホンダは、EV事業で出遅れが指摘されていたが、技術力に定評のある日立との提携で巻き返しを図る。

 新会社の「日立オートモティブ電動機システムズ」の資本金は50億円で、茨城県ひたちなか市にある日立オートモティブシステムズの敷地内に設立した。日立が51%、ホンダが49%を出資し、日立出身の山口登氏が社長を務める。

 ホンダはモーターの自社生産を当面継続するが、新会社からの調達で生産増に対応し、投資負担を軽減する。新会社はホンダ以外のメーカーにも販売し、生産量を増やして費用負担を減らす。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。