VW取締役、日本市場で「EV当たり前に」 輸入車販売トップ奪還へ意欲

ユルゲン・シュタックマン取締役
ユルゲン・シュタックマン取締役【拡大】

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の乗用車ブランドの販売を統括するユルゲン・シュタックマン取締役は4日、フジサンケイビジネスアイなどの取材に応じ、今年後半に進出を予定する日本国内の電気自動車(EV)市場について「成長余地があり、EVが当たり前となる時代が来る」と商機拡大へ期待を示した。

 VWの日本国内の乗用車販売は2015年9月に発覚したディーゼル車の排ガス不正問題によるブランドイメージ悪化で低迷が続いていたが、今年前半は、主力モデル「ゴルフ」やスポーツ用多目的車(SUV)「ティグアン」の新型車の投入が奏功して前年実績を上回ったと説明。後半にはEV「e-ゴルフ」を投入し、反転攻勢に「弾みをつけたい」と語った。

 VWは25年までに全世界でEVを最大市場の中国や欧州を中心に年間100万台販売する目標を掲げる。シュタックマン氏は「市場のリーダーになれる」と自信を示した。また、「一晩に22キロワットの電力で、家庭でフル充電できる」などと技術的な利点を挙げ、「東京で使用するのにはぴったりだ」と強調。走行距離、価格、デザインの課題をクリアして普及を加速する考えを明らかにした。

 排ガス不正問題で延期している日本国内でのディーゼル車の販売については「準備を進めている」と明言。ライバルの独メルセデス・ベンツに譲っている日本での輸入車販売台数の首位の座の奪還に意欲を示した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。