日欧EPA 食品値下げで消費者に恩恵 ベンツなど輸入車価格には関係せず (1/2ページ)


【拡大】

  • EUとのEPAで、スーパーなどで欧州産の輸入ワインは安くなる見通しだ=横浜市鶴見区のスーパー

 日本と欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)で大枠合意したことで、欧州産のワインやチーズ、パスタ、チョコレート菓子、豚肉などの輸入関税が撤廃もしくは削減され、事実上の値下げとなる。EUからの輸入が増えれば農家や国内メーカーにとって脅威となる一方、日本の消費者にとっては恩恵となりそうだ。

 「ワインなどは品ぞろえが豊富になり、買いやすい価格になる」(日本スーパーマーケット協会の川野幸夫会長)、「積極的にセールを仕掛けたい」(イオンの岡崎双一執行役)。国内の小売り関係者は、値下げが消費喚起につながるとして、EUとのEPAをもろ手を挙げて歓迎する。

 値下げが期待される代表例がワインだ。日本は輸入価格の15%か1リットル当たり125円のどちらか安い方の関税をかけているが、即時撤廃される。

 一般的な750ミリリットルのボトルで最大約93円の関税がなくなり、店頭価格にも反映される見通しだ。ただ、輸入が増えることで、「日本の中小ワイナリーへの影響が懸念される」(メルシャンの代野照幸社長)。

1000円の輸入チーズだと200円以上も安くなる余地がある

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。