サッカーW杯配信権に関心 FB、ツイッター、スナップの3社

 米フェイスブック、ツイッター、スナップの3社が、ロシアで来年開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)で各試合のハイライト映像をインターネット配信する権利の取得を目指していることが分かった。関係者が明らかにした。

 それによると、3社はハイライト映像を米国で配信する権利をめぐり、21世紀フォックスに数千万ドルを提示したという。関係者はそれ以上の詳細は明らかにしなかった。

 ロシア大会の米国での放送権はフォックスが保有。同社は2018年と22年のW杯の米国での放送権を得るため4億ドル(約453億円)余り支払ったと報じられている。ソーシャルメディアがスポーツなどの映像・動画配信への関心を強める中で、フォックスは新たな収入源を得る可能性がある。同社は1社に独占的な権利を付与するか、あるいは数社に権利を分配するかについては決めていない。

 4社はいずれも協議に関するコメントを拒否した。米アルファベット傘下のユーチューブは米プロフットボールリーグ、NFLの試合ハイライト動画と過去の試合を提供。アマゾン・コムは来シーズンのNFLの一部試合を配信する権利を取得した。ベライゾン・コミュニケーションズもNFLのモバイル配信権を保有している。(ブルームバーグ Lucas Shaw)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。