ファストリ、最終利益69%増 海外「ユニクロ」好調 (1/2ページ)

 ■16年9月~17年5月期

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが13日発表した2016年9月~17年5月期の連結決算は、最終利益が前年同期比69.1%増の1201億円だった。アジアを中心に海外のユニクロ事業が好調だった。円安に伴い外貨建て資産が増加し、為替差益を計上したことも利益を押し上げた。ただ、国内ユニクロ事業は増収を確保したものの、人件費や物流費がかさみ苦戦した。

 全体の売上高は、3.0%増の1兆4779億円だった。牽引(けんいん)したのは海外のユニクロ事業だ。中国や韓国、東南アジアで売り上げを伸ばし、米国も構造改革を進めた結果、赤字幅が縮小した。海外ユニクロ事業の部門営業利益は61%増えた。

 一方、「価格に対してシビアで、厳しい環境が続く」(岡崎健グループ上席執行役員)という、国内ユニクロ事業は利益を減らした。大型連休や母の日などイベントに合わせた販売企画が奏功したことで、売上高は1.2%伸びた。だが、人手不足に伴う人件費の上昇や物流費の高騰などを受け、コストが膨らんだ。国内ユニクロ事業の部門営業利益は0.6%減だった。

電子商取引も増収

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。