「米国人であることが恥ずかしい」 JPモルガンCEOが不満爆発 政策進まずいら立ち

ダイモンCEО(ロイター)
ダイモンCEО(ロイター)【拡大】

 「外国に行くと米国人であることが恥ずかしくなる」-。米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)が14日、決算発表の電話会見で、税制改革などが進まない政治の混乱に対し、いら立ちをあらわにした。

 ダイモン氏は最近、欧州やアジア各国を訪れたといい「各国では、企業を支援する政策は国民の雇用や賃金にとって良いことだと理解されている」と強調。米国での法人税率引き下げに関し「企業のためとされるが、そうではない。雇用や賃上げのために必要なのだ」と訴えた。

 ダイモン氏はトランプ米大統領に経済政策を助言する組織の一員。

 同日発表されたJPモルガン・チェースの2017年4~6月期の決算は純利益が前年同期比13%増の70億2900万ドル(約7900億円)だった。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。