ビットコイン停止前倒し 23日の規格変更で混乱回避へ

ビットコイン(ブルームバーグ)
ビットコイン(ブルームバーグ)【拡大】

 仮想通貨の取扱事業者などでつくる日本仮想通貨事業者協会は21日、国内の13取引所がビットコインの引き出しや受け入れの一時的な停止を決めたと発表した。当初予定していた8月1日から前倒しする。一部事業者が23日にビットコインの規格を変更するため、市場の混乱を避ける必要があると判断した。

 同協会によると、取引の停止や再開の日時は各取引所が判断する。8月1日に別の規格を立ち上げようとする計画があるといい、協会は各取引所から届く情報などで個別の対応を確認するよう利用者に注意を呼び掛けている。

 ビットコインを巡っては、取引の増加を受け、システムの取引記録を管理する民間事業者の間で処理能力を高めようとする動きがあり、複数の規格案が対立。ビットコインの先行きに不安が広がり、ビットコインの価格が乱高下する一因となっている。

 フィスコ仮想通貨取引所の田代昌之アナリストは、8月1日の規格分裂に関し「ビットコインの価格が激しく動く可能性があり、利用者は注意が必要だ」と話している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。