高級車ロールスロイス、若返る顧客 平均56歳から急速に若年化、親に頼らず自力で購入 (1/2ページ)

ロールスロイスにとって、若年層取り込みの鍵を握る「レイス」クーペ(同社提供)
ロールスロイスにとって、若年層取り込みの鍵を握る「レイス」クーペ(同社提供)【拡大】

 英国の高級車ロールスロイスは血気盛んなブランドのような印象を与えないかもしれない。創業111年のこの老舗メーカーはじっくり時間をかけて50万ドル(約5560万円)もの威厳ある車を作り上げる。例えば同社の重量級セダン「ファントム」は英グッドウッドの工場で熟練職人らの手によって800時間余りもかけて生産され、買い手である海外の成功者の元へ届けられる。

 だが同社のトルステン・ミュラーエトベシュ最高経営責任者(CEO)によれば、購入者の大半は驚くほど若く、平均年齢は急速に若年化している。世界全体でのロールスロイス顧客の平均年齢は45歳で、7年前の56歳から低下した。米調査会社ケリー・ブルー・ブックのデータによると、車の購入層全体の平均は約52歳、高級車購入層では平均50歳で、ロールスロイスの購入者はこれより若いことになる。

 ミュラーエトベシュCEOは「既にフェラーリを所有する人が2台目に購入しているようだ」との見方を示している。

 若い層の取り込みが重要である理由の一つは、既存顧客の高齢化という避けがたい問題への対策となるからだ。長年ファンでいてくれる年配の顧客は当然ながら時とともに減っていく。

 また、ブランドイメージの問題もある。「若者が憧れを抱くブランドでなければ、彼らが45~50歳になって購入できるだけの財産ができても購入意欲がわかないだろう」と米IHSオートモーティブのアナリスト、ステファニー・ブリンリー氏は指摘する。

最近では自ら財を築く若者が増えている

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。