ビットコイン停止措置解除 来月1日の分裂、なお注意 (1/2ページ)

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の世界的な規格変更に伴う受け入れや引き出しの停止措置が24日、国内の主な取引所で解除された。変更をめぐって大きな混乱は起きず、ひとまずは落ち着いた格好だ。しかし、8月1日に一部事業者が新たな規格を立ち上げ、分裂する可能性はくすぶっており、予断を許さない状況だ。

 取引所を運営するビットポイントジャパンやビットバンク、テックビューロなどは24日、ビットコインの受け入れなどを再開した。コインチェックはすでに、23日に再開していた。

 仮想通貨の交換業者らでつくる日本仮想通貨事業者協会によると、23日に始まった規格変更で大きな障害は発生しなかったという。

 ビットコインをめぐっては、取引の急増で処理速度が落ち、システムがパンク寸前に陥った。このため安い手数料で、すぐに海外送金できるといったメリットが失われつつあった。

取引記録が消えるなど大きな混乱が起きる恐れも

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。