【千葉元気印企業大賞】キーパーソンインタビュー (1/5ページ)

重城敬子医師(左)
重城敬子医師(左)【拡大】

  • 津覇浩一サンレイ工機代表取締役社長

 ■ロール製造の雄技術開発の源は社内の一体感

 □津覇浩一 サンレイ工機代表取締役社長(2015年度第21回 優秀技術賞受賞)

 親戚の会社に来たのが29歳。「入社後6、7年はキツかった」と打ち明けるのも、自ら現場でモノをつくり、技術者との一体感を築いた今だから。

 一時考えた獣医への道でなくメーカーに入社、専攻分野だったバイオテクノロジーを応用する新製品開発部門で修業を積んだのは、実家が鉄道の車体などを製造する特殊車両メーカー、津覇車輌工業(東京)という影響もあったようだ。2年間の修業が明けると、車両づくりを学んでゆく。現場で汗を流す将来の幹部候補に、技術者たちは親近感を持ち仲間に迎え入れた。

 そこへ、「会社を手伝ってほしい」という親戚からの依頼。「新しいことに挑戦したかった。つくるモノは違えど『津覇車輌と勝負!』という気もあった」ことで転身を決めた。

 モノを製造したり印刷したりするには回転運動を利用するため、製造用機械には鉄パイプ状の太い金属ロールが組み込まれている。ロールの表面には薄い金属を被膜して本体を保護し、高熱でもたわまないようにせねばならない。被膜によりロールに重さが加わるが、重さを少なくすれば機械の稼働コストが下がる。ロールと被膜層の間がしっかり密着していないと製造や印刷工程にムラが出る。親戚の会社はそんな、ロールの被膜技術を生業としていた。

 「実家も親戚の工場も機械関連。違和感はなかった」と笑うが、財務体質も有利子負債がかさみ今ひとつ。「でも、やってみるかいはあった」。“よそ者”と見られがちな立場にも怯まず、ここでもまず現場のモノづくりを覚えた。「生産性を上げようとしない技術者もいたが、正直な人は見ていてくれた」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。