【千葉元気印企業大賞】キーパーソンインタビュー (2/5ページ)

重城敬子医師(左)
重城敬子医師(左)【拡大】

  • 津覇浩一サンレイ工機代表取締役社長

 「今も自分でロールを製造できる。俺の方が出来がいい、と軽口たたいてね」。製造だけでなく、CAD導入、ISO9001取得にあたって自ら学び、簿記をマスターするなど率先垂範。実質トップの現場へのこだわりが従業員間にも浸透し、社内が活気づいた。約5年前、社長に。入社から計21年。世界最大、9.2メートルのクロムメッキカーボンロール製造に成功するなど「技術が得意な会社」としての面目を施してきた。「社員がアイデアを出し、技術力が上がり続けている。みんな個性的で自立できているからかな」と仲間に信頼を寄せる。

 「どれだけトップに付いてきてくれるか。そんな関係づくりを大切に思ってきた」。F・テイラーの科学的管理法に通じる人間観察。インタビュー後、社長がパソコン画面を見て「ナイスだよ、これ」。取り囲む技術者は皆、笑顔でうなずく光景に出くわした。この熱さ、一体感。黎明期のHONDAやSONYもきっとこうだったに違いない。

                   ◇

【プロフィル】津覇浩一

 つは・ひろかず 2013年社長就任。現場仕事を自らこなし、技術者からの信頼も厚い。今、力を入れている一つがレーシングカーのプロペラシャフト製造。「スーパーGTの出走車にはすべてウチのシャフトが使われている」と胸を張る。趣味のテニスは白井市の大会で優勝する腕前。50歳。東京都出身。

                   ◇

 <企業プロフィル>1969年創業。金属ロールの表面に薄い金属を被膜する高度な技術を持つ。スマートフォンや液晶テレビで使われるフィルムの製造に必要な、カーボン管に金属を被膜したロール製造におけるシェアはほぼ100%。回転体のバランスを保つ独自技術を生かしたレーシングカーのカーボンプロペラシャフトの製造も。「事務職から役員まで、全員が製造装置を操作できる」(津覇社長)技術者集団。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。