業界屈指の優良企業 「銀のさら」の社長が“怒る”のをやめた理由 (4/5ページ)

 私の接し方が変わったことで、従業員がこれまで以上に意欲的に働くようになり、組織の機動力、生産性が格段に高まりました。そして02年に100店舗、03年に250店舗と増えていき、業績が上がっていったのです。楽しくやった方が数字も出るし、ストレスもたまらない。仲間との関わり方が一番重要だったわけです。

--テクニックよりも、「人」が重要であるということですね。

江見: もちろん技術を磨いて事業優位性を持つことも経営には必要です。とはいえ、それが最も重要なことだとは思いません。仕事は人の手によって創られるので、どれだけビジネスモデルやテクノロジーが優れていても人が未熟だと経営はうまくいきません。

 結局、経営は総合戦。優秀な人材が足を引っ張り合う集団は、凡人が協力し合う集団には絶対に勝てないんです。

江見朗社長

江見朗社長

「怒らない経営」とは

--江見社長が考える優秀な人材とは何でしょうか?

江見: 優しい人間です。優秀な人材は、協力し合う組織やチームの中心にいます。そうなるためには、やはり人に好かれなければいけません。よく「嫌われることを怖がるな」なんて言いますけど、私は共感できない。嫌われても仕方がないこともあるのは否定しませんが、嫌われることは極力避けるべきだと思います。

 私が最終的に行き着いたのは「怒らない経営」です。人間である以上、誰だってミスをしてしまうことはあります。私もそうです。だからこそ、怒らない。怒ったところで、状況が好転することなんてありません。ミスがあっても一緒に解決策を考えてあげればいいのです。そうすれば人はついてきます。

マネジメント層にも「部下を怒ってはいけない」という経営方針貫く

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。