中国スマホ市場、アップル退潮 ファーウェイなど地元勢が躍進

中国の新興スマホブランド「OPPO(オッポ)」の広告の前で携帯を使う女性=7日、シンガポール(ロイター)
中国の新興スマホブランド「OPPO(オッポ)」の広告の前で携帯を使う女性=7日、シンガポール(ロイター)【拡大】

 米調査会社IDCが10日までに発表した4~6月期の中国市場のスマートフォン出荷台数によると、「iPhone(アイフォーン)」を販売する米アップルが前年同期比で7.6%減少した。上位4社を占めた中国勢はいずれも販売台数を伸ばした。アップルなど海外勢が退潮して地元メーカーが躍進する傾向が強まっている。

 全体の出荷台数は0.7%減の1億1180万台だった。市場の飽和で競争が激しくなっている。アップルの出荷台数は800万台で5位。シェアは0.6ポイント低下し7.1%だった。

 首位は中国の華為技術(ファーウェイ)で、22.6%増の2350万台だった。シェアは4.0ポイント伸びて21.0%となった。若者の間で人気が高い中国の新興ブランド「OPPO(オッポ)」を展開する広東欧珀移動通信と、「vivo(ビボ)」の維沃移動通信が続いた。4位も中国の北京小米科技(シャオミ)だった。(共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。