「プログラミング言語別 平均年収」を発表! 1位:Scala(626万円)2位:Python(601万円)3位:Kotlin(577万円)求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

ランキング結果
ランキング結果【拡大】

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」(https://jp.stanby.com/)は、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表しました。このランキングは、スタンバイに掲載されている正社員の求人情報約250万件のうち、各プログラミング言語名が含まれる求人情報の給与金額の平均値を集計したものです。本調査では、1位「Scala」、2位「Python」、3位「Kotlin」という結果になりました。※本調査の結果や、画像を引用する際は「スタンバイ(https://jp.stanby.com/)調べ」と記載ください。

■ ■世界的に年収の高い「Scala」が日本でも1位に
〔上位3位の総括〕
1位の「Scala」は、高い生産性と堅牢性を実現し、オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を併せ持った言語で、米Twitterや米LinkedInなどが利用していることで知られます。世界的には「Scala」の採用企業が増えているのに対し、扱える人材が少ないことから年収が高い言語といわれています*2。国内でも、インターネット企業を中心に普及しており、今後もさらに注目されることが予想されます。

2位の「Python」はデータ分析や機械学習の分野で広く使われています。機械学習や深層学習における応用が進み、AIの実用化が研究されるなかでさらに需要が高まると見られます。3位の「Kotlin」の求人数はまだ少ないもののAndroidエンジニアを中心に求人が掲載されています。本年5月にGoogleがAndroidアプリ開発の公式言語として追加することを発表したことが話題となり、ニーズが急上昇していると考えられます。

■ ■「Go」と関数型言語も高年収
〔番外編:ランキング外の注目言語〕
本調査では求人件数が100件未満のものは対象外としており、100件未満であったため、ランキングには入らなかったものの、平均年収が高いプログラミング言語として注目されているものとして、「Go」(平均年収571万円)が挙げられます。「Go」は、プログラミング言語の人気度を示す指標「TIOBE Index」*3で2016年の大賞に輝きました。学習の容易さと実用性の高さから開発者の間で急速に人気が上昇していると見られます。

また、関数型言語も平均年収が比較的高いことがわかりました。ランキング1位となった「Scala」のほか、求人件数が少なかったためランキングには入らなかった「Groovy」(平均年収680万円)、「Haskell」(平均年収670万円)、「Erlang」(平均年収604万円)、「LISP」(平均年収581万円)などは、平均年収が上位の言語と同等でした。関数型言語はモジュール化やバグの発生しにくいコーディングが可能とされ注目を集めていますが、学習難度が高いため、これらを扱えるプログラマーが少ないことから平均年収が高くなっていると考えられます。一方で、「COBOL」(平均年収509万円)は11位でベスト10からは外れましたが、根強いニーズがあります。

■ ■今後もIT人材の転職市場は活況
ITRの「IT投資動向調査2017」*4によると、国内企業のIT予算は堅調に増加しています。モバイルやクラウド、データ・マネジメント、各種セキュリティ・ツールといった、近年の「IT投資動向調査」で高い投資意欲が示されていた項目に加えて、IoT/M2M、AI/機械学習が、幅広い業種において注目度を高めており、IT人材への求人ニーズは衰えず、転職市場は活況が続くと考えられます。

【ランキングの詳細は以下のURLからもご確認いただけます】
https://jp.stanby.com/media/programming_ranking2017/

*1 「C++」や「C#」などC派生系の言語は分析対象外
*2 「29 Highest Paying Programming Languages You Need To Learn In 2017」FOSSBYTES
https://fossbytes.com/29-highest-paying-programming-languages-2017/
*3 「TIOBE Index」TIOBE Software
https://www.tiobe.com/tiobe-index/go/
*4 「ITRが『IT投資動向調査2017』の結果を発表」ITR
https://www.itr.co.jp/company/press/161019PR.html


■調査について
調査日:2017年7月19日
調査対象:スタンバイに掲載されている正社員の求人のうち、各プログラミング言語名が含まれる求人。給与金額:掲載されている給与金額の平均値を記載。給与非公開の求人についてはスタンバイの給与推定アルゴリズムから算出。※年収200万円未満、および2,000万円以上の求人と、求人数が100件未満のものは対象外としています。

■求人検索エンジン「スタンバイ」について
「スタンバイ」は、国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象に、職種・業種などの「キーワード」や「勤務地」、GPS機能を活用した「地図」を組み合わせ、複数の大手求人サイトの求人を一括検索できるサービスです。検索可能な求人件数は700万件以上で、自分に合った仕事を効率的に探せます。また、簡単なプロフィールと希望の仕事内容をアプリから登録するだけで、企業・店舗から「スカウト」が届き、自分では探せなかった仕事に出会えます。(参照URL:https://jp.stanby.com/

サービス名:スタンバイ

URL:
パソコン/スマートフォン ブラウザ版
https://jp.stanby.com/
アプリ(iOS)版 https://goo.gl/mbfvp0
アプリ(Android)版 https://goo.gl/xfJ4sy

ダウンロード方法:
・iOS版:「App Store」を選択→「スタンバイ」を検索
・Android版:「Google Play」を選択→「スタンバイ」を検索

対応機種:
<アプリ>
・iOS版:iOS 9.0以降
・Android版:Android 4.1以降
<ブラウザ版>
・Microsoft Edge(最新)、Internet Explorer 10以上、Apple Safari(最新)、Mozilla Firefox(最新)、Google Chrome(最新)

配信地域:日本

対応言語:日本語

利用料金:無料

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は865名(2017年7月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、若手社員のためのレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」、AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」などを展開。(参照URL:https://www.bizreach.co.jp/

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。